AWAY ―アウェイ― 萩尾 望都

Amazon Kindle

萩尾望都ならでは!本格SFストーリー始動 

2033年3月末のある朝、中学生・一紀(かずき)と子どもたちは、周囲の大人が消えてしまったことに気づく。子どもだけの世界となり、予想もできない日々が始まるが…?衝撃の本格SFストーリー!
小松左京の短編「お召し」にアイディアを得て、萩尾望都が広く深く世界を描く意欲作です。
この作品に投票した方々(投票順)