母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 宮川さとし

Amazon Kindle

「自分の母親だけは、絶対に死なないと思い込んでいた――」

最愛の母のがん告知、闘病、葬儀。
そして死後も淡々と続いていく日常で作者が発見したこと。
現実と真摯に向き合う過程で見えてきた“母の死"の意味とは――。
どこか勝手の違う“母親のいない世界の違和感"を新鋭が紡ぎだす自伝エッセイ漫画。
この作品に投票した方々(投票順)