春風のスネグラチカ 沙村広明

Amazon Kindle

車椅子の少女と物言わぬ従者。 互いの他に、信じるものなどない二人。 

◆極寒のロシアを舞台に沙村広明が描く、戦慄の歴史ロマン。 

◆1933年、ソビエト連邦カレリア自治共和国。とある別荘(ダーチャ)の管理人であるイリヤ・エヴゲーニヴィチ・ブイコフは、車椅子の少女・ビエールカと物言わぬ従者・シシェノークに出会い、奇妙な賭を申し込まれる。なぜ彼らはこの地を訪れたのか、どこからやってきたのか。そして互いだけを頼りに生きる二人が背負う、密かな宿命とは――。
とある名家にまつわる、喪失と奪還の物語。
この作品に投票した方々(投票順)