明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲 森野 きこり

Amazon

瓦斯燈が灯り、闇が消えても、怪異は貴方の直ぐ傍に――……。

文明の光が街頭を照らし、近代化が進む明治の頃……。
正義感と少しばかりの出世欲に燃える新米警官が、卑俗な遊郭で『拝み屋』を商う怪しげな外国人に出会った時、物語は紐解かれてゆく――。
マッグガーデン期待の寵児が贈る明治怪異蒐集譚!
この作品に投票した方々(投票順)