余命¥20,000,000- 草野 佑

版元サイト Amazon Kindle

「私はもういいんだ」――自然消滅を願い、人に会うのも、働くのも拒否して、古い一軒家に引きこもってきた草間さん。「ちゃんと社会と関わって生きていかないと」――失業青年・宇奈月くんは、ハロワ通いの合い間に草間さんちを訪れるが!? 残金が0円になったとき、奇跡が起こり、くじで2千万円が大当たり!!「とりあえず 2千万円なくなるまで生きていようかなって」――ゆるやかに消滅に向かう暮らしがスタートした!!
この作品に投票した方々(投票順)