バベルの図書館 つばな

Amazon Kindle

彼女の心は壊れてしまった。ぼくの言葉で。 

◆言葉はパターンで、文字は記号の組み合わせでしかない。この世に書かれ得る文章は、実のところ限られている。紙に触っただけでそこに書かれる全ての文章を読む力を持つ少年・渡瀬くんと、天使の存在を信じる平凡な少女・相馬さん。渡瀬くんが相馬さんと一言一句まで同じ作文を書いたその日から、ひとつの物語が始まった――。 
◆日常に倦む女の子と、不思議な力を持った男の子。作り出された“運命の出会い"を描く、ちょっとダークなボーイ・ミーツ・ガールストーリー。
この作品に投票した方々(投票順)