ノストラダムス・ラブ 冬川 智子

Amazon Kindle

1999年。世界が終わる。恋が始まる。 

1999年7月。大学2年の夏休みを、村山桜は
憂鬱な気持ちで過ごしていた。
理由は「ノストラダムスの予言」。
世界が終わると信じている桜に、
アパートの隣人・森が突然交際を申し込んだ。
面食らいつつも、まったく接点のなかった
その隣人の申し出を受け入れた桜は…?

シンプルな描線に情感をにじませる気鋭作家
冬川智子、待望の新作登場! 
この作品に投票した方々(投票順)